北海道旅行・2日目 函館から小樽へ

北海道旅行・その2~朝の函館、移動後の小樽

(撮影日2016/9/6)

函館の朝市。いやぁもう美味しいに違いないもんばかりで、撮ってる場合じゃありません!

「生ビール+焼ホタテ」!!!朝市なのに!!!




朝からの生ビール&焼きホタテは諦めて(笑)、函館駅に到着です。

今回はこちらのJR特急スーパー北斗に乗って、ここ函館から札幌まで行き、乗り換えて小樽に向かいます。なかなかこういう機会もないので、あえて電車での移動を選びました。なんと約4時間半の旅です!本ページの最後に載せた地図で撮った駅名と合わせ経路が確認できます。

昔、由利徹(ゆりとおる)さんが言っていた、『北海道のオシャ・マンベ!』っていうギャグで長万部っていうのは地名なんだって知ったんですが、今もそれが頭から離れず、慌ててシャッターを押しました。本物が見れて嬉しい!!出来れば降りてみたかった。

洞爺

伊達紋別。もう一回訪れることはないんだろうなぁ。

辛うじて撮れた「登別」。

そして、苫小牧

実はこの日、朝函館にいるときからかなり強い雨になってしまい、窓から見えると思っていた海はご覧の通り真っ白。それでも長時間の電車の移動なので、全く濡れることなく、社内も空いていてかえってのんびり休めました。

ここは「恵比須島(えびすじま)」というそうです。「晴れた景色」は小樽から札幌に戻る途中の記事で見られます。

札幌快速エアポートに乗り換え、ようやく小樽駅に到着です。のんびり出来たとは言え、4時間半は長かった(笑)

そして、なんと!あんなに降っていた雨が止んでる!!

雲がどんどん切れていきます。傘持ちながらカメラを向けるのは大変ですからね。



旧国鉄手宮線の線路跡。約500mほどの区間の線路をオープンスペースとして開放しているそうです。


小樽で出会ったにゃんこ。初めまして(^0^)

小樽に来たらここ、なるとの若鶏半身揚げ。塩・コショウで味付けされ、ダイナミックに揚げられた肉は皮はパリッパリ、中身はふっくら!見た目のデカさに、「食べきれるか?」という心配は全く不要、ビール飲みながらペロっと完食しちゃいました!


半身揚げに大満足して、腹ごなしに夜の小樽をさんぽします。































古くからの建物が残るここ小樽。結構長い時間歩いて鳥の半身揚げもほぼ消化しました。タイムスリップしたような街並みがとっても美しかった。そして、小樽ビールが気に入りました!

■最初の地図には本日電車で通過した駅をプロットしてみました。

■そしてこちらは小樽の街で立ち寄った場所。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする