アブラゼミの羽化(幼虫から抜け殻になるまで)

セミの羽化

(撮影日2020/8/14)

今回はセミの羽化。
地中で数年間幼虫時代を過ごしたセミが、ある日、何をきっかけに地上に上がって来るのか、「セミ」に変身する時期を迎えます。

すみませんが、虫の苦手な方、無理な方はお戻りくださいm(__)m

公園に到着して、すぐさま木をどんどん登る幼虫を発見!登るスピードは結構速いです。
「セミの抜け殻」だと目が透明なんです。でもこの幼虫は目が真っ黒。もちろん背中も割れていません。今日羽化するセミちゃんはこの子ではありまえん。(撮影18:00頃)

これは既に「抜け殻」。いでたちはまるでエイリアン。目が怖い!(笑)

思い付いて向かった公園。次から次へと幼虫が出てきます。そして殻を脱ぐ場所を求めてドンドン上を目指します。

ちょこっと寄った場所にとんでもない数の幼虫が現れました。でもみんな木を登り、まっすぐ上を目指すので、撮影は無理かなぁ。と思っていたところに葉っぱの先(つまり行き止まり)を目指す幼虫を発見!今日はこの子に狙いを定めます。(撮影20:00頃)

風が強く不安定な感じでしたが、観察してると段々と動きが鈍くなってきました。

葉っぱを「抱っこ」するような姿勢。いよいよです!(撮影20:16頃)

数分後、背中が割れました!!成虫が出て来た。(撮影20:36頃)

写真では分かりませんが、風が強いんです。葉っぱにつかまってるぐらいで大丈夫なんでしょうか?(撮影20:38頃)

目が見えてきました。(撮影20:40頃)

上半身が出た!(撮影20:41頃)

前足。背中から腹の部分も。(撮影20:44頃)

照明をちょっと消してるうちになんと羽根も出切っていました。
まだ魚の「ひれ」ぐらいの大きさですね。(撮影20:49頃)

足がバタバタ動いていますが、この状態の時間が結構続きます。(撮影20:51頃)

風が容赦なく吹き付けますが、大丈夫なんでしょうか。ずっとこんなポーズが続きます。

少しのけ反ったような姿勢に。(撮影21:01頃)

腹筋の姿勢で起き上がり、足が殻をつかまえました。羽も少しだけ伸びたみたい。

天使の羽根のポーズ。(撮影21:07頃)

殻から、腹を抜き出しました。全身出切った状態です。

みるみるうちに羽根が伸びていきます。

風でブレます。

オー!すでに成虫の形に。羽が真っ白で美しい。(撮影21:11頃)


裏から照明。羽根の模様が美しい。(撮影21:14頃)

羽根がピンとしてきて、体も茶色く変化してきました。アブラゼミです。

懐中電灯でやった「オバケ~」

照明位置をいろいろと変えてみます。

羽根が閉じて段々成虫の形に近付いてきました。(撮影21:30頃)

色以外は成虫の形に。これから沢山の敵(鳥だとかネコだとかc国の人とか)に出会うと思うけど、人生全うしてね。(撮影21:40頃)

本当は最後(羽根も体も茶色くなる)まで見届けたかったんですが、最初に幼虫を見つけてから既に4時間。暑さとずっと上向き姿勢で構えていたため疲労がかなり来てしまい。。
ここで終了。

興味のない人にとっては何のためにもならないかも。
でも地面から這い上がってきて、木のある位置を目指し、必死に登った先で必死に殻を脱ぐ様子は感動でした。そんな生命の神秘を感じるこのシーンに少しだけ感動していただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする